脳梗塞は原因を知って解決|悪化を防ぐために必要なこと

医者

発症リスクを下げる手段

医者

元凶は動脈硬化

脳梗塞は突然発症する病気なのですが、実は発症するまでには過程があります。脳梗塞発症の直接的な原因は、脳の血管の閉塞です。血管が閉塞され、脳への血流が失われることで脳梗塞は発症します。血管が閉塞する原因は2つあります。原因の1つは、血栓です。もう1つの原因は、血管が細くなることです。血栓とは血の固まりのことなのですが、何らかの原因で血栓が発生してしまうと、血液と共に血管内を流れることになります。その血栓が、血管の細い箇所を通りきれず、詰まってしまい脳梗塞が発生してしまうのです。血栓が発生してしまう原因はいくつかありますが、その1つが動脈硬化です。そして血管を細くする原因は、動脈硬化です。ですから、動脈硬化が脳梗塞の発症リスクを高めているのです。

検査で確認

ただ、動脈硬化であるか否かを自分で判断することは不可能です。なぜなら、動脈硬化に自覚症状はないからです。それでは、自分の脳梗塞発症リスクが分からないと思うかもしれませんが、そんなことはないのです。医療機関で検査を受ければ、自分の脳梗塞発症リスクが高いのか低いのか判明します。検査とは具体的にはCTやMRIの検査です。CTもMRIも画像検査ですので、画像から脳の血管の状態を確認することができます。どちらの検査も特別な事情がない限り、体に大きな負担がかかかる検査ではありませんので、是非とも受けておきたい検査です。健康に対する意識の高い人は、積極的に定期的に受けています。仮に健康に対する意識が高くなくても高齢者、及び、血圧が慢性的に高い人は動脈硬化が進行しがちですから、検査を受けるべきだと言えます。

先天的な脳血管異常

看護師

先天性の脳血管異常を脳動静脈奇形と言います。先天性ですが遺伝性はなく、実際に症状が現れるのは成人を過ぎてからが多くなります。発見や治療が遅れると、ナイダスと呼ばれる血管の塊が破裂し、出血が起こります。それにより様々な症状を呈するようになります。定期的な検査によって早期発見することが最善となります。

詳しくはコチラ

免疫力を高めよう

病院

新しいガン治療の方法として注目されているのが、ナチュラルキラー細胞を培養したNK療法と呼ばれるものです。これまでの治療法に比べて、体への負担が小さく、副作用も無いと言われており、体に優しい治療法と言われています。

詳しくはコチラ

なんでも相談できる診療所

女性

城東区にある内科の診療所には普通の治療だけでなく禁煙外来や生活習慣病外来など専門的な治療を行っています。にんにく注射のような特殊なものや訪問診療を受けることができます。身近な病気から専門的な病気まで安心して治療が行える診療所があります。

詳しくはコチラ